タグ:駅伝一般 ( 20 ) タグの人気記事
11/3 第22回東日本実業団対抗女子駅伝
 前回の続きで、今度は女子のほうです。女子のほうは上尾駅前が第2中継所ということになります。襷渡しの場面は今までも何度か失敗しているので悩みましたが、何とかほぼ正面で撮影できる場所を確保できました。撮影のしやすさなら、道路(旧中山道)は一般車両は全面通行止めになるので反対側から撮影する方法もあったし、それなりの場所は確保できたのですが、中継車に邪魔されることを心配しました。

e0064133_2323613.jpg
 後ろを見ると、こんな感じでTBSが準備していました。中継所ですから、専任のスタッフもいるわけで。

e0064133_2332013.jpg
e0064133_2332795.jpg
 失礼ながら意外にもスターツがトップで襷渡し。でも、1・2区と連続区間賞だったようです。

e0064133_235688.jpg
e0064133_235293.jpg
e0064133_2353459.jpg
e0064133_2353949.jpg
e0064133_2354339.jpg
e0064133_2354848.jpg
e0064133_2355229.jpg
e0064133_2355634.jpg
e0064133_236370.jpg
e0064133_2361165.jpg
e0064133_2361830.jpg
 続々と選手たちが通過していますが、ここで大失態に気が付きます。隣の人の旗振りを気にするあまり、写真を見ての通りカメラが少し斜めになっていました。この写真では横位置になっているものも、ここまではすべて縦位置で撮影していたので、正直見せられないレベルですね。

e0064133_2375898.jpg
 通過していった選手たちはこんな感じで去っていきます。

e0064133_2385267.jpg
e0064133_2385754.jpg
e0064133_239389.jpg
e0064133_239946.jpg
 女子は曲がりなりにも全チーム撮影できました。しかし、やっぱり中継所の撮影は難しいですね。人も集まりますし。しかもここは駅前だったからなおさらです。

 女子のほうは第一生命が最後トラックで逆転して優勝したようです。逆転したのはマラソンで有名な尾崎好美ですが、この数週間後の横浜国際女子マラソンでは、逆に残り僅かのところで逆転されてしまいましたが…。

 帰宅後、録画しておいた中継を見たら、一眼レフ片手に撮影しまくっているところがばっちりと映っていました。嫁と「映るかもね?」なんて言ってたら、案の定です。
[PR]
by taka-takahiro | 2011-12-05 23:59 | スポーツ(観戦)
11/3 第52回東日本実業団対抗駅伝
 今回の写真は11月3日に撮影した第52回東日本実業団対抗駅伝&第22回東日本実業団対抗女子駅伝。今回は男子のほうを。一眼レフを購入してから女子のほうは毎年撮影していますが、男子のほうも女子と同じ埼玉がコースになってからは、恒例となってきています。今回は、入間の航空祭を見に行く途中に少し回り道をして、上尾駅前で撮影しました。理由としては、女子の中継所があることと、昨年、少し手前の宮原で撮影して、見事に団子レースだったという反省によります。

 時間も計算して、選手が通過する30分近く前に駅近くのコインパーキングに到着。選手が走る側か反対側か悩んだ末に、選手が走る側、しかも女子の中継所のすぐ先に陣取りました。「2ちゃんねる」情報では、1区で日清食品が飛び出しているとのこと。2区の3km付近ではどうなっているのか?

e0064133_22344821.jpg
 やはり日清食品が首位。

e0064133_22351194.jpg
 2位以下は遠目で見るとこんな感じ。

e0064133_22353133.jpg
e0064133_22353699.jpg
e0064133_22354246.jpg
e0064133_22354728.jpg
e0064133_223607.jpg
e0064133_2236415.jpg
e0064133_2236108.jpg
e0064133_22361666.jpg
 2位以下のチームも通過していきます。オーダー表を見ると、やはり男子は箱根駅伝で走ったランナーが多いですね。しかもこの駅伝は2区が最長区間なので、エース級の選手も出ていますし。

e0064133_2237593.jpg
 選手の切れ目では、このように横断を待つ人を通過させます。このあたりでは短時間とはいえ、多くの人には駅伝は迷惑でしょうからね。

e0064133_22393273.jpg
e0064133_22394044.jpg
e0064133_22394694.jpg
e0064133_22395152.jpg
 下位のほうは単独走でしたね。

e0064133_22402781.jpg
e0064133_22403384.jpg
 最終ランナーが通過して、このアングルは女子の中継所の準備に入ります。

 肝心の写真のほうは、隣で応援していた人が振る小旗と、走路員のポジションとの戦いで、質としてはイマイチでした。この後は女子ですが、こっちのほうがもっと悲惨です。

 結局優勝したのは、日清食品グループのようですね。
[PR]
by taka-takahiro | 2011-12-04 22:44 | スポーツ(観戦)
11/3 第51回東日本実業団対抗駅伝&第21回東日本実業団対抗女子駅伝
 今日は、奥さんのお姉さんの自宅に行ってきました。明日がお姉さん+長女の誕生日ということで、長女の1歳のお誕生会にお呼ばれしたのですが、実質的には、まだお会いしていなかったお姉さん一家へのご挨拶が大きな目的です。緊張しましたが、なんとかなったかな? よく考えると、結婚して一応「叔父さん」になってしまったようですね(笑)。

 その都内のお姉さん宅に行くのが昼前だったので、行く途中で軽く撮影もしてきました。もはや毎年恒例になっている、東日本実業団の男女の駅伝です。一眼レフ再デビューをしたのもこの駅伝でした。今回撮影場所に選んだのは、宮原駅前付近。男女ともに1区ですが、残り1kmくらいで中継所といったところです。

 乗換の大宮駅で腹痛に襲われ、なんとか間に合う電車に乗って、選手が通過する10分くらい前に到着。近くにいたしまむらの応援団からメンバー表を手に入れて、それを見ているうちに選手がやってきました。

e0064133_23494352.jpg
 男子の先頭はご覧のとおり大集団。ここから中継所の間でスパート合戦だったのは想像できます。先頭の通過予定時間よりも遅かったから、牽制していたんでしょうね。

e0064133_23505478.jpg
e0064133_235109.jpg
e0064133_235179.jpg
 そのあとは、集団からこぼれたチームが通過していきます。今回はONESHOTで撮影してみたのですが、やっぱり失敗もありました。ちなみに男子は24チームがエントリー。上位14チームが正月のニューイヤー駅伝に進出できます。

 男子の最後尾が通過した直後に、女子が来ることのアナウンスがあります。

e0064133_23531040.jpg
 まずは第一生命が独走で通過。

e0064133_23533281.jpg
 間をおいた2位集団もやっぱり団子状態。

e0064133_23535986.jpg
 遅れて、宮原に本社があるしまむらと、昨年優勝の豊田自動織機がきて、全チーム終了。ちなみに女子は13チームがエントリーして、13チームが12月の全国大会に進めます。すなわち、途中棄権さえしなければ全チーム通過。本気モードでないチームもあったんでしょうね。

 ちなみに結果はこちらから。

 今回は時間がなかったことが一番の要因ですが、1区で撮影しました。大宮駅付近でもよかったのですが、1区終盤だったらバラけると期待していたのですが、見事に集団で通過してしまいました。駅伝を撮影・観戦するなら、もう少し先のほうがいいようです。
[PR]
by taka-takahiro | 2010-11-03 23:58 | スポーツ(観戦)
1/17 第77回埼玉県駅伝競走大会 桶川中継所
 何を今さら1ヶ月前のスポーツ写真を…とも思ってしまうのですが(笑)。1月17日に行われた埼玉駅伝を観戦してきました。どういう駅伝かは去年も観に行ったので、そのときのブログをご覧ください。

e0064133_059176.jpg
 今回観戦したのは、中継所の中ではおそらく自宅からいちばん近い桶川中継所。駅に近いから駐車場もあるだろうという安易すぎる理由です。それに桶川からが最終区なので。旧中山道のなかなか狭い場所&日陰です。

e0064133_103159.jpg
e0064133_104034.jpg
e0064133_104878.jpg
 いちばん最初に中継所にきたのは、高校女子の埼玉栄。毎度ながらここは強い。襷渡しの瞬間の写真がないのは、撮影に失敗したという、なんとも情けない理由です。埼玉栄のアンカーは去年も写っていた櫻井かな? 去年自分が撮影した写真が某掲示板にリンクされていたのには、さすがに驚きましたが(笑)。「GJ」と書かれていたはず。

e0064133_172791.jpg
 高校男子のトップは東農大三。男子も埼玉栄かな?と思っていたので、ちょっとビックリ。男女ともゴールまでトップは変わらなかったけど、先にゴールしたのはどっちだったのかな?

e0064133_184337.jpg
e0064133_185528.jpg
e0064133_19795.jpg
 このあとも、続々と選手が通過していきます。

e0064133_193622.jpg
e0064133_194497.jpg
 襷渡しゾーンに選手がいなくてタイムロスしていたチームもいくつかありましたね。

e0064133_1103445.jpg
 男子の先頭が通過して10分後にここは繰り上げスタートになるので、2分前くらいから選手が呼び出されていました。

e0064133_1113521.jpg
 このようにギリギリに通過するチームもいくつもありました。繰り上げ襷を放り投げるシーンが印象的でしたがが、そこまではうまく撮影できませんでした。

e0064133_1125636.jpg
e0064133_113693.jpg
e0064133_1131531.jpg
 ということで、無念の繰り上げスタート。レースの終盤ということもあり、すごいチーム数です。

e0064133_114739.jpg
e0064133_1141590.jpg
 繰り上げ後も続々と選手が到着します。中には繰り上げが行われたことを気がつかず、さらには中継所の存在にも気がつかずに、かなり先まで走っていった選手もいました。

 メジャーであれローカルであれ、やっぱり駅伝は見ていて面白いですね。観戦してもタダだし。
[PR]
by taka-takahiro | 2010-02-18 23:59 | スポーツ(観戦)
1/1 第54回全日本実業団対抗駅伝競走大会(ニューイヤー駅伝) 第6中継所伊勢崎市西久保町
 元旦は群馬方面に初詣に行くことになり、ならついでにニューイヤー駅伝でも観に行こうということになり、行ってきました。いつもは目が覚めると放送している番組で、観るのはちょっと意外な感じです。

 群馬に入ったのが11時を回っていたので、北関東道の駒形ICで降りて国道50号沿いで7区を観戦することに。後の予定もあるから、上武国道の近くで待ち時間を昼食に使おうと国道50号を東へ進むもファミレスなどの店がない…。なんとか開いているお店を見つけ警備している人に聞いてみると、5分も歩けば6区~7区の中継所があるということで、せっかくなので中継所に行ってみることに。

e0064133_2018297.jpg
 選手が来る20分前くらいに到着し、こんな位置で観戦。ランナーが来る頃には、少しだけ中継所に近づきましたが。

 到着時にはまだ一般車両が少し走っていましたが、封鎖されると、ランナーがウォーミングアップを始めました。

e0064133_202168.jpg
 コニカミノルタの坪田智夫。我が母校・法政の出身で花の2区で区間賞も獲ったことがあります。

e0064133_20223881.jpg
 富士通の太田貴之。黄金期の駒澤のOBですね。

e0064133_20225792.jpg
 安川電機の飛松誠。帝京の頃は山登りで鳴らしていました。なぜか2ちゃんねるで人気者(笑)。

e0064133_20232323.jpg
 日清食品グループの小野裕幸。順天堂では優勝、山登りで途中棄権と天国と地獄を両方見ています。

e0064133_2024614.jpg
e0064133_20241560.jpg
 首位で到着したのは日清食品グループ。6区で走ってきた徳本一善も我が母校・法政のOB。今気づいたのですが、いい表現ではないけど、徳本・小野の2人とも箱根駅伝で途中棄権している選手ですね。その後、糧にして立ち直ったとも言えますが。

e0064133_20244564.jpg
e0064133_20245460.jpg
e0064133_2025460.jpg
 7位争いは一気に9チームが飛び込んでくる大混戦。一気に選手がリレーゾーンに並んだのでビックリしました。なんか1区を見ているようで。

e0064133_20284596.jpg
e0064133_20285930.jpg
e0064133_20291059.jpg
 中盤以降のチームも続々と襷渡しをしていきますが…。

e0064133_20302375.jpg
e0064133_20303485.jpg
e0064133_20304824.jpg
 残り高田自衛隊とプレス工業の2チームになったところで、無念の繰り上げスタート。前のチームともかなり差が開いており、トップから15分差で繰り上げになるみたいだけど、何度観てもせつないものですね。箱根駅伝でも亜細亜大が10区鶴見で繰り上げになったし。

e0064133_20334028.jpg
 選手は全員次の区間にスタートしたけど、2チーム繰り上げだから、その選手がゴールをするのは当然のこと。帰った人もいましたが、駅伝ファンなら最後まで観戦するのがマナーです。この2チームは接戦だったんですね。そして、襷の色を見ても分かるとおり、ここまで繰上していなかったようですね。そう思うと余計に残念。

e0064133_2036442.jpg
 6区区間賞を獲得したコニカミノルタの松宮隆行のインタビュー。すべての選手がゴールした後に行なわれました。ちなみにインタビュー中は撮影禁止。どこかの局とはえらい違いです。インタビュー後、松宮は慌しくゴールに向かっていました。ところでインタビューしているこの女性は誰?

 せっかくだから、中継所でも見てみようかと思ったら、さっさと撤収。大型テレビもあったので、ゴールの瞬間を見ようと思ったのに残念でした。

 レースのほうはそのまま日清食品グループが逃げ切って悲願の初優勝。その様子はラジオで聞いていました。
[PR]
by taka-takahiro | 2010-01-05 00:00 | スポーツ(観戦)
11/3 第50回東日本実業団対抗駅伝&第20回東日本実業団対抗女子駅伝
 少し前になりますが、今回は3日に撮影した第50回東日本実業団対抗駅伝&第20回東日本実業団対抗女子駅伝の写真です。一昨年の女子のほうの駅伝が一眼レフ再デビュー戦だったこともあり、今回で3年連続の登場です。

 男子:埼玉県庁、女子:さいたま新都心駅をスタートとし、熊谷スポーツ文化公園陸上競技場をゴールとするこの駅伝、体調やスケジュールを考慮した結果、JR北上尾駅前で観戦することに。事前情報から8:45頃から通過と推測して、30分前に現場近くに到着し、コンビニで時間調整。しかし、北上尾駅前は男子の東京電力と女子のスターツの応援団が大挙していたので、2分程度上尾駅方面に歩いて、そこで観戦。ちなみにこの場所は男子・2区、女子・3区で、いずれもこの駅伝では最長区間。すなわち各チームのエースが走るところです。

 しばらくすると男子の先頭選手が到着しました。

e0064133_0571177.jpg
 トップできたのは日清食品グループの佐藤悠基。箱根駅伝では東海大のエースとして3年連続区間新も果たした有名選手です。

e0064133_125448.jpg
e0064133_133797.jpg
e0064133_14965.jpg
e0064133_151051.jpg
 まだ2区の前半ということもあって、単独走よりも数チームの並走で来るパターンのほうが多かったですね。上位は短時間で、そして回は少し時間を置いて通過していました。

 男子の最後のチームを見送ると、すぐ後ろに中継車が。1分くらいで女子の先頭が続いて通過です。

e0064133_171920.jpg
 女子のトップは豊田自動織機の新谷仁美。小出さんの秘蔵っ子です。

e0064133_185561.jpg
e0064133_193740.jpg
e0064133_1105367.jpg
e0064133_1113771.jpg
 女子は男子以上に混戦でした。見てのとおり、次から次へと通り過ぎていきます。

 結局、男子先頭が通過してから10分くらいですべてのチームが通過していきました。レース前半なのは承知しているけど、なんかあっけない感じです。

 これから冬はロードレース本番。毎週のようにテレビ見てるんだろうな…。
[PR]
by taka-takahiro | 2009-11-13 00:59 | スポーツ(観戦)
1/18 第76回埼玉県駅伝競走大会 鴻巣中継所
 年末年始にニューイヤー駅伝、箱根駅伝、都道府県女子駅伝などを見ていて、やっぱりロードレースを観戦・撮影したくなり、仕事で忙しい中、今日(もう昨日か?)、埼玉のローカル駅伝、埼玉駅伝を観戦してきました。

 埼玉駅伝は一般男子(寄居~上尾)、市町村男子(川本~上尾)、高校男子(川本~上尾)、一般・高校女子(吹上~上尾)の4部門に分かれており、それぞれの場所から時差スタートし、上尾運動公園をゴールとするレースです。埼玉新聞や読売新聞の埼玉版には大きく取り上げられるものの、それ以外にはおそらくほとんど知られていない、埼玉ローカルの駅伝なんでしょう。

 自分か観戦してきたのは、自宅から車で40分ほどの鴻巣中継所。なぜ、ここにしたのかというと、すべてのチームの襷渡しが見たかったから。他にも桶川の中継所がこれに該当するけど、こっちだと時間が遅いので、昼からの都道府県対抗の「ひろしま男子駅伝」の前半が見れなくなるから。中継所の撮影は難しいのは重々承知しているものの、ローカル駅伝なら中継車などもないから、難易度は下がるかな?と思ったのですが。

e0064133_024252.jpg
 これが鴻巣中継所。かなり甘く見て、選手到着予定20分前の11:10に行ってみたら、近所の人を中心に意外と人が多い…。ただ、中継所を除くと沿道の人はさすがにまばらでしたが。

e0064133_041521.jpg
 まず中継所に飛び込んできたのは、一般・高校女子の埼玉栄高校。言うまでもなく全国屈指の駅伝強豪校。女子で全国3連覇したのはいまだに埼玉栄だけ(だったはず)。走ってきた櫻井は、某掲示板などで「美人選手」で名前が挙がっていますね。確かに、NHKの駅伝中継でも、中継所で待っているときに、中位でも「抜き」で写ることが多いのは自分も気づいています。そうそう、埼玉新聞の写真が同じ場所の逆アングルでした

e0064133_072617.jpg
 それほどの差はなくやはり一般・高校女子の熊谷女子が襷渡し。埼玉の高校女子はこの2校が抜きん出ています。2区→3区なのに、3位以降はだいぶ間がありました。

e0064133_085268.jpg
 女子チームが何校か通過しているうちに、今度は高校男子のトップ・埼玉栄が到着。今は女子より男子のほうが強豪。全国制覇は遠ざかっているものの、コンスタントに上位には入っています。入り乱れてくるだろうというのは承知していたけど、いきなり来るから撮影が難しい。

e0064133_0104323.jpg
 母校の女子チームが到着したので載せてみました。何位くらいだったか、分かりません。

e0064133_011995.jpg
 男女の高校チームが入り乱れて到着する中、今度は一般のトップ・新電元が到着。やっぱり分かりにくい。

e0064133_0123080.jpg
 今度は市町村のトップ・滑川町ですね。

e0064133_013064.jpg
 母校の男子チームです。少し前までは県内の公立ではいちばん強く、関東大会までは進出していたのですが、このごろ低迷しているようで、ちょっと残念。順位もそんなにいいところではなかったです。

 そうこうしているうちに、「繰り上げ1分前」なんていうコールが中継所に聞こえはじめ…、

e0064133_0142337.jpg
e0064133_01434100.jpg
 襷渡しが続いていたこともあるのでしょうが、リレーゾーンに並ぶことなく繰り上げが行なわれることに。道路の脇から次から次へと選手が出てくること…。このあたりは普通の住宅地ですが、この先上尾までは旧中山道を走るので、道路事情を考慮するとこれだけのチームが残っていても繰り上げするのは止むを得ないのでしょうが、物悲しさを感じるゆとりすらなかった感じです。

e0064133_0192121.jpg
 繰り上げスタート直後の中継所。繰り上げスタートしたはずなのに、選手が来るのを待っていた選手がいました。交通整理などの問題上、こんなことしていいのか?と思ってしまいますが、これもローカル駅伝なのかもしれませんね。それと、このような行為が「襷の重み」なんでしょうね。

 このように、残りのチームは次のランナーが出発してしまった中継所に到着していきます。そんな中、あるチームの関係者から「予定より3分早く繰り上げスタートさせた」という声が聞こえてきました。真相は分からないけど、本当だったら、かなりひどい話です。

e0064133_0231732.jpg
 すべての選手の最後尾にはこのような車がついています。ちなみに、中継所の脇道にも「後尾車」が待機していたので、こちらは繰り上げスタートの後ろに続いていったのでしょう。

 感想。やっぱり中継所で撮影をするのは、メジャー・ローカルに関わらず難しい。どんなにいい場所を確保しても、レースを管理する役員や白バイが動いて撮影したい場所を塞がれたり、周囲の観客が邪魔になったりで。撮影目的なら、やっぱり中継所以外だなと、改めて実感させられました。

 観戦を終えたのが11:50過ぎ。このまま自宅に戻って「ひろしま男子駅伝」をテレビ観戦。我が埼玉は常に上位でレースをし、6区終了で2位。最後の7区で7位まで順位を落としてゴール。アンカーは箱根2区区間4位の東京農大の外丸だったけど、さすがに相手が悪すぎたか? それにしても優勝した長野のアンカー上野(中央大→ヱスビー食品)は、襷を受けたときに派手にガッツポーズをして、最後も無駄に飛び跳ねるガッツポーズでゴール。某掲示板でもかなりネタにされていたけど、リアクションが派手すぎです(笑)。
[PR]
by taka-takahiro | 2009-01-19 00:29 | スポーツ(観戦)
12/23 第6回全日本大学女子選抜駅伝③ 第5中継所(筑波大学病院)
 箱根駅伝は東洋大学が出場67回目にして初優勝。柏原の勢いがそのまま持続されましたね。今回は予選落ちしたものの、それ以上出場しているのに、いまだに総合優勝したことがない我が母校の立場っていったい…。

 そして、優勝候補の筆頭だった駒澤がまさかの13位でシード権すら失うというまさかの展開。途中棄権以外で前回優勝校がシードを失うのは初めてとのこと。それだけ、各校の実力差が詰まっていることなんでしょう。

 あと、特筆すべきは、前の区間で途中棄権が発生したものの、区間1位のタイムで9区を走った城西・伊藤。ルール上参考記録にしかならず、日テレ中継でも軽く触れられた程度だけど、ショックで普通ではないであろう精神状態の中での意地の走りに、前日の柏原と同じくらい感動しました。さすがにこれに気がつくとマニアックなんでしょうが。

 ということで、箱根駅伝にあわせて載せた全日本大学女子選抜駅伝の3ヶ所目は5→6区の第5中継所。時間があれば、6区途中で軽く観戦して、ゴールの筑波大学に向かうところですが、このあとに残務処理に職場に行くことにしていたので、断念しました。

 3区から西へ歩くこと15分程度。3区の近くで見学していた人もやはり一斉に同じ方向に歩いていきます。選手到着15分くらい前に到着。とりあえず中継ポイントを見に行くと…、

e0064133_20422435.jpg
 ここの中継所の担当アナウンサーはテレ東の看板・大橋美歩。前回は半分大橋アナ目当てで第1中継所に行きましたが、今回は偶然です。

 ここは片側3車線の広い道で、反対側は一般車両が走っているため、反対からの撮影は困難。襷渡しを撮影したかったものの、中継カメラが入るやぐら?が邪魔でどうも撮影できない。なんとか隙間から撮影を試みることに。

e0064133_20453517.jpg
e0064133_2045429.jpg
e0064133_20454941.jpg
e0064133_20455647.jpg
e0064133_204631.jpg
e0064133_20465767.jpg
 立命館を先頭に上位3校はそれほど差なく通過。そのあとは随分と間が空いていましたが。

e0064133_20471483.jpg
 写真後方ですが、襷を渡されるランナーが、リレーゾーンで準備していないというハプニングが2チーム発生。確かに、選手到着のアナウンスがお粗末な印象を受けました。運営方法は課題が残る駅伝だと思います。

e0064133_20485966.jpg
e0064133_2049645.jpg
 下位チームもアンカーへの襷渡しを次々と済ませていきましたが…、

e0064133_20494499.jpg
e0064133_2049531.jpg
e0064133_2050140.jpg
e0064133_2050923.jpg
 最下位の北海道学連選抜はまさかの繰上げスタート。おそらくトップ・立命館が出発してから10分経過後なんでしょうか。30kmの駅伝の22km付近でも繰上げが発生するとは思いませんでした。無念のスタートと到着の様子です。

 ちなみに今回の箱根駅伝では、途中棄権直後の9区戸塚での城西以外は、繰り上げスタートも見ることはなく、よかったです。日テレ的には残念でしょうが。(だったら、城西のアクシデントをしっかり把握・放送してほしかった)

e0064133_205754.jpg
 選手が走り去ったあとは、せっかくなので、大橋アナの撮影にチャレンジ。構造上の問題もあり、正面から撮影できず、無念…。

 ちなみにこの駅伝、最後は3秒差まで詰まったようですが、立命館が逃げ切りました。
[PR]
by taka-takahiro | 2009-01-04 17:22 | スポーツ(観戦)
12/23 第6回全日本大学女子選抜駅伝② 3区(北大通りとの交差点)
 昨日の箱根駅伝往路も面白かったですね。4区間5人が区間記録を更新し、20人抜きなんていうのもありましたが、全部5区山登りの東洋・柏原の区間新記録の爆走、4分58秒差の大逆転にオイシイところは全部持っていかれましたね。さて、復路はどうなるか?

 前回のスタート地点から移動したのが前半のエース区間の3区の途中。それなりの場所を確保したのですが、そこに立命館の応援団の集団が(年配の方々でしたが)…。ワンセグなどを見ながら、情報提供してくださったのですが、のぼりが撮影の邪魔になりそうだったので、最終的には少し場所を移動しました。

 待つこと15分…。

e0064133_1042132.jpg
 中継車がやってきました。

e0064133_1043788.jpg
 立命館の小島が名城大を引き離すところでした。写真が斜めなのはご勘弁を。

e0064133_1045299.jpg
e0064133_1045963.jpg
e0064133_105724.jpg
e0064133_1051557.jpg
 このように、続々と選手たちが通過していきます。まだ前半なので、並走している場面も多かったですね。

e0064133_1054966.jpg
 通り過ぎた選手を撮影するとこんな感じです。けっこうまとまってくるもんなんです。

 選手が通過した後はまた移動。今度は第5中継所です。やっぱりまわりにいる人も同じように歩いていきます。
[PR]
by taka-takahiro | 2009-01-03 08:46 | スポーツ(観戦)
12/23 第6回全日本大学女子選抜駅伝① スタート(つくば中央公園)
 元旦のニューイヤー駅伝の富士通・旭化成・日清食品グループの3つ巴の大激戦。100kmのうち、99.5km以上は一体なんだったのか?というくらいの大接戦は非常に見ごたえがありました。これだから、駅伝は面白い!!

 そして、1月2日・3日は箱根駅伝の日。テレビ中継以来の箱根駅伝ファンとしては正月のお楽しみです。今年ももちろんテレビ観戦します。

 ということで、箱根駅伝にあわせて、学生駅伝の写真を。昨年12月23日に茨城県つくばで開催された『第6回全日本大学女子選抜駅伝』です。箱根駅伝は大学男子ですが、こちらは大学女子です。まだ6回と歴史の浅い駅伝ですが、埼玉で開催されたときも含めて、3回目の沿道観戦です。

 この駅伝の特徴は、筑波学園都市を南北に細長いコースであるため、観戦の仕方によっては、4回くらい(スタート・3区・6区途中・ゴール)見ることができます。今回は観戦後に仕事をしたこともあり、3ヶ所での観戦。ということで、スタート地点の様子です。15分前にスタンバイしましたが、つくば駅のすぐ近くということもあり、かなり観客で埋まっていました。

e0064133_953187.jpg
e0064133_9532438.jpg
 選手が出てきたのは意外と直前で5分前くらい。独特の緊張感があります。

e0064133_954390.jpg
e0064133_95493.jpg
e0064133_9541814.jpg
e0064133_954292.jpg
 スタートの号砲一発、あっという間に目の前を通り過ぎていきました。

 さて、このあとはそのまま東へ移動。3区途中まで歩いて10分ちょっと。各大学ののぼりを持った人を中心に、多くの人が同じような方向に移動していきます。

e0064133_9561662.jpg
 途中に通ったつくばエキスポセンターのロケットです。

 次回は、前半のエース区間・3区です。
[PR]
by taka-takahiro | 2009-01-02 00:00 | スポーツ(観戦)
  

自分が撮影してきた写真を公開するのが中心です
by taka-takahiro
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
名前:taka-takahiro
年齢:36歳
性別:男
血液型:AB型
職業:会社員
出身地:埼玉県
趣味:このブログの作成、ドライブ、写真撮影(ついにデジカメに進出)

最近は旅先の写真の掲載が中心になっていますが、時折そうでないことも残していくかもしれません。

足跡帳を作ってみました。是非コメントを残してみてください。
http://takakat.exblog.jp/2414340/

Twitterをついに開始してしまいました。ツイッターはこちら
タグ
(201)
(101)
(99)
(90)
(59)
(58)
(48)
(47)
(47)
(46)
(37)
(36)
(35)
(35)
(33)
(31)
(30)
(28)
(26)
(26)
最新のトラックバック
立山逍遥 #2
from MusicArena
童謡「春よ来い」の2番、..
from muse-9
本村さん、あなたの妻子は..
from muse-9
2007年9月8日 返し..
from Hiro68 Photo
初アルプス
from 地下鉄風
初泳ぎ
from 初泳ぎ
横浜開港祭
from 横浜開港祭
盛岡面白案内
from 当盛岡に遊びにおいでよ
ホワイテックス
from ホワイテックス
東大寺まとめさいと
from 東大寺メンバー
検索
ファン
ブログジャンル
旅行・お出かけ
カメラ
画像一覧